?

大学の教育研究上の目的

工学部

機械システム工学科

ものづくり技術の基本となる専門分野とともに、環境に配慮した安全な社会の構築に役立つ新しい科学技術に関する教育研究を行い、基礎的な専門知識及び技術を有し、創造力及び実践力を備えた人材を養成すること。

知能ロボット工学科

機械工学、電子工学及び情報工学という三つの工学領域の基礎を修得するための教育研究を行い、これら三工学領域の知識と技術を組み合わせて新しい技術を開発できる幅広い視野を備えた人材を育成すること。

電気電子工学科

持続可能で豊かな社会を支える電気電子工学に関連する教育研究を推進し、電気電子工学分野の基礎と実践的応用力を備え、高度な技術開発を通じて、地域に貢献し国内外で活躍できる人材を育成すること。

情報システム工学科

富山県内の産業分野で需要が高い情報工学の基礎を幅広く教育するとともに、高度な情報システム技術の研究を推進し、これらを通じて最先端の情報システムに関わる創造力と実践力を備え、グローバルな活躍と地域への貢献ができる人材を育成すること。

環境?社会基盤工学科

循環型社会の構築、自然との共生及び地球環境の保全に関する教育研究を行い、地域から地球規模までの環境問題に広い視野で解決策を提案できる知識及び技術を有し、創造力及び実践力を備えた人材を養成すること。

生物工学科

微生物、生化学、有機化学、植物、食品及び生物情報に関する教育研究を行い、環境にやさしいグリーンバイオテクノロジーの研究及び開発に携わるために必要な基礎的な知識及び技術を備えた人材を養成すること。

医薬品工学科

富山県の主要産業である医薬品製造業及びその関連産業の人材確保に寄与するため、工学の観点から、医薬品の製造と開発に関わる教育?研究を行い、優れた医薬品をつくるために必要な基礎的な知識と技術を備えた人材を養成すること。

看護学部

看護学科

幅広い教養と人々への共感的態度を備えた人間性豊かな人材、そして創造力、実践力及び探究心を兼ね備え、多職種と協働しながら地域や社会に貢献できる人材を育成すること。

大学院(博士前期課程)

機械システム工学専攻

学部の環境調和型ものづくりを継承した機械工学に関する教育研究を行い、先端的で高度な機械工学及びその周辺分野の専門知識並びにライフサイクルアセスメント工学に基づく専門領域の学識を有し、創造力を発揮できる人材を養成すること。

知能ロボット工学専攻

電子工学、機械工学及び情報工学が融合した先端技術を修得するための総合的な教育研究を行い、幅広い視野で革新的な技術開発を行うことができる優れた専門性及び学識を備えた人材を養成すること。

電子?情報工学専攻

電気?電子技術及び情報システム技術に関する教育研究を行い、幅広い知識とそれらを総合する能力を有し、創造性に富み社会の変化に柔軟に対応できる人材を養成すること。

環境?社会基盤工学専攻

環境工学及び社会基盤の整備に関する教育研究を行い、多様な環境問題の解決及び循環型社会の構築のための開発力並びにマネジメント能力を有する人材を養成すること。

生物?医薬品工学専攻

先端的なバイオテクノロジー及びその周辺分野の基礎知識を基盤とした教育研究を行い、食品、化学及び医薬品工業に関する専門的な知識及び技術を有する研究開発指向型の人材を養成すること。

大学院(博士後期課程)

総合工学専攻

機械システム工学、知能ロボット工学、電子?情報工学、環境?社会基盤工学、生物?医薬品工学の5つの専門分野を深化させ、複数分野にまたがる研究を行い、幅広い視野で革新的な研究開発を行うことができる自律的研究経験と高度な専門知識を備えた人材を養成すること。

 

?
ページトップ